SERVICE

SERVICE 口腔粘膜

コラーゲンの口腔パッチ「CO.CU.BE」:高分子コラーゲン・ヒアルロン酸を口腔から注入。口の中に貼るタイプの新しいサプリメント。

「CO.CU.BE」

従来の化粧品やサプリメントでは吸収できない
高分子のコラーゲン・ヒアルロン酸を、口腔パッチでダイレクトに吸収。

『CO.CU.BE』は、口の中に貼る口腔パッチタイプのサプリメントで、姫路獨協大学 医学部チームで研究された「コラーゲン・ヒアルロン酸の口腔粘膜吸収性と経皮吸収性に関する研究結果」より〝コラーゲン・ヒアルロン酸を投与する際の経路として口腔粘膜の有用性が示唆された〟といった結論を受けて開発されました。口腔粘膜の投与部位は、舌下(舌下錠)と、頬と歯茎の間(口腔錠)があります。
これらの部位は粘膜が比較的薄く、多数の毛細血管が存在しているため、吸収性が高いのが特徴です。
吸収された成分は肝臓を通らずに直接体循環へ移行する。 腸吸収との最大の違いは胃腸の消化酵素の影響を受けないという事です。
口腔粘膜に直接貼り、ダイレクトに吸収できる『CO.CU.BE』なら、コラーゲン本来の機能が活かせるのではないかと、新しい吸収方法として注目されています。

従来のコラーゲン吸収方法

サプリンメント・ドリンク:腸内吸収

アミノ酸に分解される

消化酵素によりペプチドやアミノ酸に分解され、腸内吸収されます。
分解されたペプチド・アミノ酸が効果を発揮するためには、体の中で再度コラーゲンに合成されなければなりません。

化粧品:経皮吸収

弾かれる

コラーゲンは高分子なので表皮からの吸収は困難であり、肌表面で保湿するという効果は優れています。低分子コラーゲン・ナノコラーゲン等は、コラーゲン本来の機能が発揮されるとは考えにくく、コラーゲン・ヒアルロン酸は高分子であってはじめて機能が発揮される物質です。
※医薬品である湿布薬などに使用され、皮膚から吸収される限界は分子量300ダルトン未満の低分子です。

口腔粘膜からのコラーゲン吸収方法
徐放性があるパッチタイプ
そのまま吸収される

口腔粘膜からダイレクトに吸収できます。
・消化酵素による分解が少ない
・粘膜下組織の静脈を経て、肝臓を通過する事なく直接大循環に入る。
・皮膚とは違い角質層が存在しない。
といったメリットがあります。

製品に関するお問い合わせ先

株式会社アメイズプラス Tel.052-485-4759
http://amaze-plus.com/cocube/